ワナワン、ときどきKPOP

Wanna Oneを追いながら、時々、KPOPの話題も書きます。

Wanna One (ワナワン) メンバーのプロフィールと見分け方 その2

その1に引き続いて、ワナワンのメンバーを

紹介したいと思います。

 

ライ・グァンリン

f:id:kpop13:20170815152740j:plain

 

ライ・グァンリン(리이관린/賴冠霖)
2001年9月23日生
181cm/O型
CUBEエンターテイメント所属

 

ライグァンリンは、台湾出身で、練習生生活が

半年で、デビューとなりました。

Produce101の番組開始当初、ダンスなども、

まだまだという印象でしたが、練習を重ねて

かっこいいパフォーマンスをするようになりました。

このグループではマンネになりますが、

高身長のせいで、ステージ映えする感じがします。

f:id:kpop13:20170815153309j:plain

f:id:kpop13:20170815153313j:plain

f:id:kpop13:20170815153318j:plain

f:id:kpop13:20170815153332j:plain

f:id:kpop13:20170815153519j:plain

f:id:kpop13:20170815153356j:plain

 

ユン・ジソン

f:id:kpop13:20170815153818j:plain

ユン・ジソン(윤지성)
1991年3月8日生
175cm/B型
MMOエンターテイメント所属

 

ワナワンの最年長、リーダーのジソンさんです。

Produce101放送中は、コメントやリアクションの

面白さなどで注目をされ、ジソン拍手も印象的でした。

弟たちを気遣う優しさなどから、みんなから

慕われて納得の形で、リーダーになりました。

みんなから、ジソンマムと言われてます。

Wanna One Goで、リーダーを支えていこうということを

オンさんとダニエルがドライブ中に話していましたが、

そういうところを言わせるのも、人柄の良さのおかげだと思います。

f:id:kpop13:20170815154330j:plain

f:id:kpop13:20170815154337j:plain

f:id:kpop13:20170815154342j:plain

f:id:kpop13:20170815154456j:plain

f:id:kpop13:20170815154622j:plain

f:id:kpop13:20170815154510j:plain

 

ファン・ミニョン

f:id:kpop13:20170815155022j:plain

ファン・ミニョン(황민현)
1995年8月9日生
181cm/O型
Predis所属

 

NU’EST(ニュイスト)というグループで

デビュー経験があるミニョンさんは、

Produce101で、他のメンバーと一緒に

再起をかけて挑戦しました。

結果、自分だけがワナワンに残ったことで、

最終回、泣き崩れるシーンがありました。

性格は穏やかで、全体をバックアップしてくれている

印象があります。ジェファンとのコンビでは、

きれい好きの性格が発揮されるのも面白いです。

Energeticの冒頭のピアノシーンは、ミニョンさんの

優しい歌声から始まります。

f:id:kpop13:20170815155352j:plain

f:id:kpop13:20170815155442j:plain

f:id:kpop13:20170815155451j:plain

f:id:kpop13:20170815155506j:plain

f:id:kpop13:20170815155744j:plain

f:id:kpop13:20170815155755j:plain

 

ペ・ジニョン

f:id:kpop13:20170815160011j:plain

ペ・ジニョン(배진영)
2000年5月10日生
175cm/B型
C9所属

 

顔が小っちゃくてイケメン。笑顔にやられる人も

多いのではないでしょうか。

Produce101の最初の方で、うつむき加減で

自信なさげだった彼が、ラストステージの

Hands On Meではセンターを務めるまでになりました。

声は低音でちょっとハスキーな感じがしていいです。

松坂桃李に似ていると思うんですが、どうですかね。

f:id:kpop13:20170815160943j:plain

f:id:kpop13:20170815161005j:plain

f:id:kpop13:20170815161011j:plain

f:id:kpop13:20170815161018j:plain

f:id:kpop13:20170815161047j:plain

f:id:kpop13:20170815161031j:plain

 

ハ・ソンウン

f:id:kpop13:20170815161305j:plain

ハ・ソンウン(하성운)
1994年3月22日生
168cm/A型
Ardor & Ableエンターテインメント所属

 

ソンウンさんは、HOT SHOTというグループで

デビューをしていて、ノテヒョンさんと一緒に

改めて、この番組で挑戦をしました。

ソナギでのボーカルなど印象的でしたが、

ジェファンがシャウト系のボーカルだとすると、

ソンウンさんは、ソフトだけど力強いボーカルが印象的です。

明るい性格の持ち主で、ニコニコしている感じがしています。

ラストステージで、ダニエルの心遣いから、

Super Hotではセンターを務めました。

ジソンさんが母キャラに対して、叔母さんというキャラクターで

一部では扱われているよう。

ダンスの実力もあって、ボーカリストとしての実力も折り紙付き。

ワナワンの楽曲を支えてくれるひとりです。

f:id:kpop13:20170815161808j:plain

f:id:kpop13:20170815161810j:plain

f:id:kpop13:20170815161816j:plain

f:id:kpop13:20170815161828j:plain

f:id:kpop13:20170815161836j:plain

f:id:kpop13:20170815162022j:plain

 

 

<メンバー一覧>

f:id:kpop13:20170815162055j:plain

左から

イデフィ、ライグァンリン、ペジニョン、オンソンウ、パクジフン、カンダニエル、

ユンジソン、パクウジン、ハソンウ、ファンミニョン、キムジェファン
 

f:id:kpop13:20170815162747j:plain

上段左から

ライグァンリン、ウジン、ジフン、ジェファン、ペジニョン

ジソン、ダニエル、オンソンウ、ミニョン

ソンウン、デフィ

 

f:id:kpop13:20170815162920j:plain

左から

ライグァンリン、オンソンウ、ミニョン、デフィ、ジェファン、ダニエル

ウジン、ジフン、ジニョン、ソンウン、ジソン
 

デビュー曲がチャートを席巻していますが、

どれくらいこれから人気が出るのか楽しみです。

Wanna One (ワナワン) メンバーのプロフィールと見分け方 その1

私の好きなKPOPブログの一つに、

ぽぴぽぴさんがやっている

ぱんちゃぱんちゃがあります。

ヨジャグループを追ったことがある人には

有名なブログだと思います。

その中でも好きな記事が、メンバーの

プロフィールと見分け方という記事で、

この記事のおかげで、いろいろなグループの

メンバーの見分けがつくようになりました。

 

その記事に習って、私もワナワンのメンバー紹介を

やってみようと思います。

MVで初めて知った方も、まだこれから1年半の

活動期間がありますので、まだまだ大丈夫です。

Burn It Upは一人一人が見分けられるような感じに

なっているので、モノクロですがおすすめします。

 

<基本的な知識>

MnetでやっていたProduce101 season2という

サバイバル番組で101人の練習生の中から

勝ち残った11人で結成されたのが

Wanna One (워너원、ワナワン)です。

かつてデビューしたことがあるメンバーの

再チャレンジから、練習生として日が浅いメンバーまで

11人の多様な個性で成り立っています。

 

<動画>

デビュー曲 Energetic

youtu.be

デビューの対抗になった曲

활활 (Burn It Up)

youtu.be

Mカウントダウンでのデビューステージ

youtu.be

<メンバー紹介>

カンダニエル

f:id:kpop13:20170815140401j:plain

カン・ダニエル(강다니엘)
1996年12月10日生
180cm/A型
MMOエンターテイメント所属

 

投票の結果1位になったダニエルは

ステージでのキレのあるダンスやラップ、

セクシーな表情をする一方で、

バラエティなどの素では、顔をくしゃくしゃにして

笑ったり、ちょっと、天然でヘラヘラした感じと

そのギャップが人気の秘訣だと思います。

肩幅が60cmというのが話題になったとおり、

見た目がガッチリしているというのも一つの

特徴だと思います。

ポジションはラップ。低い声でのラップも印象的です。

f:id:kpop13:20170815141022j:plain

f:id:kpop13:20170815141027j:plain

f:id:kpop13:20170815141031j:plain

f:id:kpop13:20170815141035j:plain

f:id:kpop13:20170815141039j:plain

f:id:kpop13:20170815141043j:plain

パクジフン

f:id:kpop13:20170815141328j:plain

パク・ジフン(박지훈)
1999年5月29日生
173cm/AB型
Maroo エンターテインメント所属

 

Produce101 season2のタイトル曲 나야나(Pick Me)の

お披露目ステージで、ウィンクをしたことで

有名になったジフン。

ネマウムソゲチョジャン

(내 마음속에 저장、僕の心の中に保存)というキーフレーズを

生み出したことも印象的でした。

素の感じは、さっぱりとした性格のようで、

ピンクソーセージ団の動画を見る限りでも、男っぽい方かもしれません。

眉毛にかかる前髪と目が印象的なので見分けられると思います。

f:id:kpop13:20170815142333j:plain

f:id:kpop13:20170815142338j:plain

f:id:kpop13:20170815142343j:plain

f:id:kpop13:20170815142355j:plain

f:id:kpop13:20170815142358j:plain

f:id:kpop13:20170815142403j:plain

 

イ・デフィ

f:id:kpop13:20170815142749j:plain

イ・デフィ(이대휘)
2001年1月29日生
172cm/A型
BRAND NEW MUSIC所属

 

Produce101 season2のタイトル曲 나야나(Pick Me)で

センターをつとめたことで注目されたデフィ。

その分、批判されたり、ランキングも上下しましたが

最終的には3位になりました。

一緒に番組に出たブランニューのヨンミンとドンヒョンが

先月、MXMというグループでデビューしたときのタイトル曲の

作詞作曲をデフィがやっていて(ウジンも作詞)

若いのに多才という印象があります。

セルフプロデュース力もあるのし、愛嬌もあるので、

ワナワンのアイドルの活動を引っ張っていきそうな気がしています。

太い眉毛で印象的な顔立ちなので、見分けは難しくないと思います。

f:id:kpop13:20170815143515j:plain

f:id:kpop13:20170815143519j:plain

f:id:kpop13:20170815143524j:plain

f:id:kpop13:20170815143638j:plain

f:id:kpop13:20170815143641j:plain

f:id:kpop13:20170815143649j:plain

 

キム・ジェファン

f:id:kpop13:20170815144028j:plain

キム・ジェファン(김재환)
1996年5月27日生
175cm/0型
個人練習生(CJ E&M所属予定)

 

圧倒的な歌唱力で、4位まで上り詰めた実力の持ち主。

Produce101 season2で大ヒットしたNeverでも、

ジェファンのシャウトが印象的でした。

笑い声が特徴的でサイコパスという名前を付けられたり、

顔や髪を洗わないキャラ?という扱われ方をされたりと

個性がどんどん出ていて、面白キャラという感じがします。

私は、最近、ジェファンがよく言うオッケーオッケーが

ツボになっています。

メインボーカルでシャウトしている方ということで

見分けは難しくないと思います。

f:id:kpop13:20170815144447j:plain

f:id:kpop13:20170815144451j:plain

f:id:kpop13:20170815144444j:plain

f:id:kpop13:20170815144709j:plain

f:id:kpop13:20170815144715j:plain

f:id:kpop13:20170815144735j:plain

 

オン・ソンウ

f:id:kpop13:20170815145034j:plain

オン・ソンウ(옹성우)
1995年8月25日生
179cm/A型
Fantagio所属

 

オンさんは、イケメンなのに面白くて、

バラエティでも、いかんなく、その実力が発揮されています。

一方、ステージでも、パフォーマンスの実力も抜群なので、

今回のEnergeticやBurn It Upでは、サビや歌いだしなど、

大事なパートを任されています。

スレイトオンや、チンチャチョンマルワンジョンなどの

流行語も作ったり、チームのムードメーカー的存在なのではと思います。

f:id:kpop13:20170815145939j:plain

f:id:kpop13:20170815145943j:plain

f:id:kpop13:20170815145947j:plain

f:id:kpop13:20170815150007j:plain

f:id:kpop13:20170815150057j:plain

f:id:kpop13:20170815150117j:plain

 

パク・ウジン

f:id:kpop13:20170815150634j:plain

パク・ウジン(박우진)
1999年11月2日生
176cm/A型
BRAND NEW MUSIC所属

 

ウジンは、ダンスとラップの実力が認められて

Produce101では、最初、下位のスタートでしたが

最終的に6位までになりました。

番組中に帯状疱疹にかかり、眼帯をつけながら

Neverのステージを踊りきった根性の持ち主で、

それも評価をあげた理由のような気がします。

人見知りの方かなと思っていたら、慣れると、結構、

やんちゃな感じも出てきて、面白くなってきました。

ジフンとのコンビ、ピンクソーセージ団をシリーズ化

してほしいです。

f:id:kpop13:20170815151716j:plain

f:id:kpop13:20170815151724j:plain

f:id:kpop13:20170815151729j:plain

f:id:kpop13:20170815151733j:plain

f:id:kpop13:20170815151748j:plain

f:id:kpop13:20170815151814j:plain

 

おまけ

youtu.b

2017年 上半期によく聞いたKPOP 11

2017年上半期によく聞いていた曲を

順不同で紹介してみます。

結構、1年間のモノや半期のモノを

ブログでアップしている人がいて

よく読んでいたので、自分も載せてみます。

 

1曲目は、PRODUCE101 season2から

나야나 (PICK ME)です。

最初から、ほぼリアルタイムで視聴していたので、

思い入れがある1曲です。たった数か月前なのに

みんな幼く感じるから不思議です。

youtu.be

2曲目は、I.O.I(아이오아이) _ DOWNPOUR(소나기)
ソナギは歌詞を読み返すとぐっとくる1曲です。

season1は見ていなくて、ノムノムノムから、I.O.Iの存在を

知ったくらい。B1A4のジニョンの桜が散ったらや同じ場所でなど

こういうしっとりした曲もいいなぁと思います。

youtu.be

3曲目は、Suranの「今日、酔えば」です。

수란 (SURAN) - 오늘 취하면 (If I Get Drunk Today)

甘い声なのに、しつこくなくて、何度もリピートして聞いた曲。

スケッチブックのライブ映像でのアレンジバージョンでもいい感じでした。

防弾少年団のSUGAプロデュースということも話題になりました。

本当に、最近のグループは多才ですね。

youtu.be

4曲目は、Unnies オンニスのマッチです。

プデュ2視聴で、メンタルがやられかかってた時に

元気をもらえた曲で、とても好きでした。

1990年代にヒット曲をたくさん量産したキムヒョンソクさんに

よるものだそうで、王道のKPOPの1曲という気がします。

何度も聞くうちに、自分は2NE1では、MINZYの声が好きだったことに

気づきました。発売時、TWICEやPSYという強豪の中で

音源1位になってましたね。

youtu.be

5曲目は、IUのPaletteです。

こういう力を抜いて歌う曲って、狙うと外しやすいのに、

G-DRAGONをフィーチャーして、かっこいい感じにまとまってます。

IUは、久々にちゃんと聞いたけれど、何か余裕を感じるなぁ。

youtu.be

6曲目は、EXIDの「昼よりは夜」です。

EXID(이엑스아이디)  낮보다는 밤 (Night Rather Than Day)

メインボーカルのソルジが療養に入っているので、心配しましたが

さすがLEプロデューサー、仕上げてきました。

アーバンでおしゃれな曲で、かっこいいです。

youtu.be

7曲目は、SEVENTEENのウルゴシプチアナ(泣きたくない)です。

SEVENTEEN(세븐틴) - 울고 싶지 않아 (Don't Wanna Cry)

セブチ沼と言われるファンがついているというくらいの知識しか

なかったのですが、プデュ2でマンセを聴いて、聞き始めたら、

気に入りました。楽曲もパフォーマンスも人気が出るのは

分かった気がします。この最新曲は、しっとりした

美しいメロディーの曲。

youtu.be

8曲目は、Girl's DayのI'll be yoursです。

ゴルデは、約2年ぶりのカムバックだそうです。

サビのミナのシャウトがかっこいいです。

ちなみに、ナヤナと同じ作曲家の人が作ってました。

youtu.be

9曲目は、Sam KimとLocoのThink About'chuです。

サムキムは、去年のデビューから追っていて、

こういう、年相応のかわいい感じの歌も歌えるんだなと

安心した1曲でした。

youtu.be

10曲目は、MAMAMOOのYes I amです。

音楽番組の映像などを見ても、メンバーが楽しんで

パフォーマンスしているのがよいです。

ファサの姉御感はどこまで行くのでしょうwww

youtu.be

11曲目は、SISTARのLONELYです。

夏がくれば、シスターはサマーソングを出すのが

当たり前に思っていたので、解散のラストソングになったのは

とても残念に思いました。

今年前半は、Wonder Girls、2NE1も、解散となり、

昨年の4minuteなど、一時代を築いたガールズグループの

解散が続いて寂しい思いをしました。

youtu.be

その他

gugudan (구구단) - '나 같은 애' (A Girl Like Me)

PRISTIN(프리스틴) _ WEE WOO

OH MY GIRL(오마이걸) _ Coloring Book(컬러링북)

브레이브걸스 (Brave Girls) - 롤린 (Rollin')

ELRIS(엘리스) _ We, First(우리 처음)

とかも、聞いてました。

後半は、どのようなグループや歌手のカムバックが

あるのか楽しみにしています。

【復習】プデュ2 エピソード11(2017/6/16)

最終回の順位発表から、約1か月、仕事の多忙と、

プデュ2の燃え尽きで、更新できていなかったのですが

区切りのためにも、最終回を復習しておきたいと思います。

1か月ぶりに見た最終回は、ちょっと客観的に見れるようには

なっていました。涙は出ましたが、もうそれぞれが新しい道を

歩んでいるので、気持ちは落ち着いています。

 

最終回は、それぞれの練習生のこれまでの足跡を振り返るような

映像から始まります。子供時代の写真など、かわいいです。

 

それから、BoA代表が登場して、生放送の始まりは、

ナヤナからスタートします。

最終選考に選ばれた20人に加えて、脱落した練習生も

集結しての最後のナヤナは胸がいっぱいになりました。

youtu.be

今回の生放送のゲストは、IOIのメンバー達でした。

それから、最終評価曲のsuper hotとhands on meの

練習風景が流れます。インストラクターの先生たちも、

最後なのか、とても優しく和やかな感じで

練習生をほめたり、ねぎらってくれます。

 

super hotは、センターはソンウンさんでした。

ダニエルがソンウンさんをsuper hotに移したところからの

流れを思い返すと、とても感慨深いです。

youtu.be

ここで物議を醸した中間発表で、11位から14位の練習生が

発表されます。イデフィ、ペジニョン、ユンジソン、チョンセウンの

4人でした。結果的に、セウンをのぞき、3人は最終メンバーに

選ばれることになったので、このやり方はという反応が大きかったですが

こういうことを含めて、Mnetなんではないかなと、

冷静になってみている自分がいました。

 

それから、Hands on Meの練習風景が流れます。

ここでも、センター選びなどをしていきます。

最終的には、センターは、まさかのペジでした。

ビジュアルでは目をひくけれど、どちらかというと

自信なさげな印象でしたが、最終回では成長した姿を

見せてくれました。

youtu.be

そのあと、BoA代表に、みんなで寄せ書きを書きます。

また、練習生からトレーナーの先生にメッセージを送ります。

私は、芸能人の先輩としての先生たちの叱咤激励で

何度も泣かされてきたので、感謝を述べる練習生たちに

ぐっときました。

 

それから、最終回のために作られたイジャリエ Alwaysに。

歌詞の部分の歌いだしがジソン氏だったので、この優しい曲調に

合うなと思いました。

恋人への曲よりも、友達に向けた曲の方がもう少し

感情移入できたのになと残念に思いました。いい曲だと思いますが。

youtu.be

家族からのメッセージや家族との再会シーンなどがあって

胸がいっぱいになります。練習生それぞれが夢に向かって

努力する姿を支える家族がいて、今日までがあるんだと思ったら

涙が止まらなくなりました。

youtu.be

それからいよいよ順位発表です。

今となっては、遠い昔のような感じでしたが、見返してみると、

BoA代表が、だいぶ、ためるなぁという感じでした。

 

10位 ペジニョン(C9)
9位  ファン・ミニョン(プレディス)
8位  ユンジソン(MMO
7位  ライグァンリン(CUBE)
6位  パクウジン(Brand New Music)
5位  オンソンウ(Fantagio)
4位  キムジェファン(個人練習生)
3位  イデフィ(Brand New Music)
2位  パクジフン(マル企画)
1位  カンダニエル(MMO

youtu.be
11位 ハソンウン(Ardor&Able)

youtu.be

 3か月、プデュ2を追ってきましたが、

最終メンバーは、ソンウンとジェファンのボーカルライン、

ウジンとライグァンリンのラップライン、

オンソンウとユジソンのMCバラエティライン

ペジとジフンのビジュアルライン

カンダニエル、イデフィ、ミニョンのオールマイティな感じ

というように、バランスがよく、デビューに耐えうる

実力の持ち主が集まって、一安心な感じでした。

ひとまず、Wanna Oneも推していきたいと思います。

【復習】プデュ2 エピソード10(2017/6/9)

コンセプト評価のおさらいを軽くやって

順位発表式のシーンになります。

35名の練習生が入場していきます。

100人近かったスタートから比べると、

本当に少なくなったなという印象です。

人数がかなり絞られる発表式を前に、

練習生が秘密を打ち明けるコーナーなどを

さしはさんでいきます。

 

youtu.be

www.youtube.com動画お借りしました。

デフィとペジのインソールを使っていたことに驚くというよりも、

気にしてるんだということの方が面白かったです。

 

そのあとは、オンさんとジソン氏MCの

陽気な運動会が行われました。

ジェスチャーゲーム、ぐるぐるバッドリップスティックなどを

行い、ヨロジョチームが優勝で終わりました。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

それから、順位発表がはじまります。

今回は20位までが、最終の生放送に残ることになりました。

19位 チョンセウン
18位 チュハンニョン
17位 イムヨンミン
16位 ユソノ
15位 チェミンギ
14位 アンヒョンソプ
13位 キムジェファン
12位 カンドンホ
11位 ファンミニョン
10位 イデフィ
9位  ユンジソン
8位  オンソンウ
7位  キムジョンヒョン
6位  パクウジン
5位  キムサムエル
4位  ペジニョン
3位  ハソンウン
2位  パクジフン
1位  カンダニエル

今回、脱落することになる

35位から練習生の名前が告げられます。

今回は、イウジン、ムンボク、イェヒョン、

ノテさん、ヒョンビンなど

印象的な練習生が多かったです。

そして、20位になるのは、

ヨングクとライグァンリンがステージに乗り

ライグァンリンが残ることになりました。

それから、20人が集まり、

ラストステージで披露される

Hands On MeとSuper Hotが紹介されます。

それから、ペナルティを受けたヨンミンから

どの曲のどのポジションをやりたいかを

シールを貼って決めていきます。

上位のメンバーは押しのけて、自分が希望する

ポジションに入ることができます。

最後はカンダニエルでしたが、

ソンウンさんをSuper Hotのメインボーカルに

してあげて、自分はサブボーカルを選んで

平和に終わらせていました。

それ以降は、2チームに分かれて、練習に入ります。

練習動画の中で、笑ったのは、

ユソノ&デフィの創作ダンスに

サムエルががっくりするというシーンでした。

 

 

www.youtube.com

いよいよ、16日はラストステージです。

【復習】プデュ2 エピソード9(2017/6/2)

前回の放送で残った35人が集められて、

これからの扱いをBoA代表から聞きます。

 

チームによっては、7人を超過しているところと

7人を切ってしまったところがあります。

 

少ないのは、ヨロジョが4人、

ショータイム、I know You Knowが6人になってしまいました。

 

練習させておいて、発表せないっていうのは、

なかなか厳しい仕打ちだなと感じます。

 

超過しているNeverチームでは

練習生のアンケートが行われてユソノ、ソンウン、

ハンニョン、ヨンミンが放出されました。

Oh Little Girlからはムンボクが出ることになりました。

それから、人数が少ないチームから、

放出されたメンバーを選ぶことになり、

カンダニエルは、ヨンミン、ユソノ、ハンニョンを選びます。

それから、ジソン氏は、ソンウンを選びます。

そして、残ったムンボクは、I know You Know

に合流することになりました。

2チームからいらないと言われても、笑顔を保っていた

ムンボクと、それを温かく向かい入れたI know You Knowチームが

泣けました。

 

そのあと、各チームで練習をした後、

中間発表ということで、プロデューサーの方たちに

パフォーマンスを見てもらうシーンなどがさしはさまれて、

各コンセプト評価の発表が行われました。

 

Show Time

www.youtube.com

I Know You Know

www.youtube.com

よろじょ

www.youtube.com

Oh Little Girl

www.youtube.com

www.youtube.com

5組のパフォーマンスが終了し、

オーディエンスの評価によって、

ヨロジョチームが1位になりました。

ベネフィットの1位は、カンドンホか

カンダニエルかは、来週の持ち越しになりました。

【復習】プデュ2 エピソード8(2017/5/26)

エピソード8は、BoA代表が

練習生にピザをごちそうしてくれるところから

スタートします。

 

www.youtube.com

それから、35人に絞られる順位発表式の

触りをやって、コンセプト評価の話に入ります。

 

コンセプト評価は、有名なプロデューサーの人たちによる

5つの楽曲で争うことになっていて、

それぞれの楽曲の紹介がなされていきます。

 

I know you know

Oh Little Girl

Show Time

ヨロジョ

 

ラストにヒョナがいるTriple Hが登場して、

練習生たちは盛り上がります。

www.youtube.com

楽曲の紹介が終わった後はチーム分けです。

今回は、カナダラのカードを頼りに、

それぞれの練習室に向かっていきます。

また、ここでカンダニエルなどが

SNSで違反をしたことの謝罪が述べられます。

 

それぞれのメンバーが揃ったところで、

チームごとにコンセプト曲の発表が行われます。

一喜一憂する練習生を映し

各コンセプトごとの練習が始まります。

リーダー選びやセンター選びなどで、

それぞれのチームごとに個性が出てきます。

トレーナーの注意などを受けながら、準備を

進めているシーンが流れて、

順位発表シーンが再開されます。

 

34位のヒョンビン、33位のイェヒョン、

32位のムンボクと、結構個性的な練習生が続きます。

31位 タカダケンタ、30位、イゴニ、29位 ドンヒョン

28位 ウダム、27位 サンギュン、26位 イウジン

25位 ソンウン、24位 ソンヒョク、23位 ウィウン

22位 テドン、21位 ノテヒョン、20位 ミンギ

19位 ヒョンソプ、18位 ヨングク、17位 セウン

16位 サムエル、15位 ジソン、14位 パクウジン

13位 ユソノ、12位 ペジニョンまで、発表が終わった後、

パンチングマシーン大会が始まります。

 

youtu.b

優勝は予想通り、カンドンホでした。

それから順位発表が再開されます。

11位、カンドンホ
10位 チュハニョン

9位 キムジェファン
8位 カンダニエル
7位 オンソンウ
6位 ファンミニョン
5位 イムヨンミン
4位 イデフィ
3位 パクジフン
2位 ライグァンリン
1位 キムジョンヒョン

 

35位候補が出てきて、

最後にドンハンと発表されます。

 

残る練習生も、去る練習生もつらい別れのシーンがあって、

エピソード8は終わりになります。

 

www.youtube.com